東アジア歴史・人権・平和宣言行動計画・事務局運営


by e-asia-hhpa

カテゴリ:基本文献( 1 )



「東アジア歴史・人権・平和宣言と行動計画」(仮称)企画 1趣旨      (全文は文末からリンク)        

(2010年1月12日、1月25日訂正)

1 趣旨 

1)人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容に関する、2001年のダーバン会議の宣言と行動計画は、差別がもたらした地球社会の問題と課題、なかんずく奴隷制と植民地支配の莫大な被害と不法性を明らかにした歴史的文書である。

2)ダーバン会議の精神を引き継いで、東アジアにおける差別と差別の源泉を明らかにし、アフリカの奴隷制に焦点を当てた同会議において議論されることの少なかった東アジアにおける帝国主義の植民地支配の災難を明らかにし、その責任の所在を明確にして、根源的防止策を提案することによって、東アジアにおいて持続的な平和を実現する必要がある。

 略

6)東アジアにおける過去清算という「歴史的人権」の回復と平和は不可分に連結しており、東アジア共同体に向けての最も重要な課題となっている。

7)そこで、2010年日本の朝鮮併合100年を契機にして、2010年8月に東アジアの近現代史を全面的に見直す過去清算のための平和宣言・行動計画を東アジアのNGOを主体として策定する。ここに東アジアにおける過去清算と平和の要求を列挙し、それを実現する具体的な課題を行動計画として提示する。



企画・全文

呼びかけ人

構成


 2010年4月16日UP
宣言・前文(第一次案)2010年4月16日

宣言・Ⅰ 総論(第一 次案)

宣言・Ⅱ 原因と形態 (第一次案)  

宣言・Ⅲ 差別の被害者(第一次案)

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の一 
 ブログ項目にアップの都合上で其の一から五に分けてあります

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の二

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の三

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の四   

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の五   

宣言・Ⅴ 東アジアにおける人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容の根絶を目指した予防・教育・保護の措置

宣言・Ⅵ 東アジアにおける人種差別等の被害の効果的な救済、回復、是正、補償その他の措置


「宣言および行動計画・構成案」  2010年4月18日アップ>




「植民地主義の淸算と平和実現のための日韓市民共同宣言」2010.8.22-8.29外部リンク
上記「共同宣言」において
「疑いもなく画期的な意義を有する2001年の≪ダーバン宣言≫は、奴隷制と植民地主義を非難し、再発防止をうたいはしたが、被害補償までは打ち出しえなかった。「日韓市民共同宣言」は「ダーバン宣言」を東アジアにおいて具体化し、それをさらに先に進めていくことを追求する。≪ダーバン宣言≫10周年の2011年に向けては、≪東アジア歴史・人権・平和宣言≫を策定していく」と謳っています。




連続インタヴュー講座
「ダーバン宣言の東アジア版をつくろう――日本の植民地主義を問う」

主催「東アジア歴史・人権・平 和宣言」実行委員会


すでに終了した企画
6.24第一回公開検討会の案内
[PR]
by e-asia-hhpa | 2010-02-19 08:07 | 基本文献